会社は、お客様、取引先、株主、社員、地域社会など利害関係者みんなのものです。
「会社は何のためにある?」と問われた時、行きつく答えは「地域社会への貢献」、「人類への貢献」しかないはずです。
企業は社会での存在理由を示し、働いている社員に誇りを与えなければ長期間に繁栄することはありえません。
当社グループは、社員一人一人が自分と会社に誇りを持ち、社会から拍手を受ける会社になるよう、変わらぬ創業理念の継承を続けます。また、会社を取り巻く利害関係者の皆様に、コンプライアンスを重視する経営を効果的に行うことをお約束いたします。

1コンプライアンスとは

当社グループの「コンプライアンス」とは、単に法令の文言を遵守するだけでなく、その精神まで遵守します。
さらに、社内規範(行動理念や規則など)はもちろん、社会の一員として信頼されるより良き会社であること、一人一人が良き企業人・社会人であるために、社会規範(社会の倫理観や価値観)の遵守までを含めます。

2わたしたちの自主行動基準

(1) わたしたちは、本事業のもつ社会的責任を認識し、健全で誠実な業務運営を行っていきます。
(2) わたしたちは、法令の文言だけでなく、その精神、社内規範、社会規範まで遵守していきます。
(3) わたしたちは、お客様の安全と満足を第一とし、お客様に信頼と安心をしていただける商品とサービスの提供を行います。
(4) わたしたちは、自立的で風通しの良い企業風土の維持に努めます。
(5) わたしたちは、当社グループを取り巻くすべての関係者の人格と個性を尊重し、異なる文化的伝統や風習を尊重します。
(6) わたしたちは、コンプライアンスに反するような行動を「できない」仕組み作りを積極的に構築していきます。
(7) わたしたちは、不合理で反社会的な商習慣を排除し、取引先や仕入先に対して透明で公正な取引関係を維持していきます。

3ヘルプライン窓口の設置

ヘルプライン窓口は、内部監査室が担当し、監査等委員である取締役3名のモニタリングを受けながら、以下のような機能を果たしています。
 

(1) 内部通報制度(ヘルプライン)に基づき相談を受けた場合に、社会的な良識に照らして誠実に 対応します。
(2) 内部通報制度(ヘルプライン)に基づき通報を受けた場合に、速やかにその通報内容を調査し 適切に対応します。
(3) コンプライアンス経営を周知徹底させるための施策の立案と実施を行います。

4ヘルプライン制度とは

コンプライアンスに関わる違反や行為などがあった場合、まずは通常の業務遂行上の手段や方法によって、上司等に相談・報告し、問題の解決を図るべきです。
しかし、社内の関係者に直接的に相談・報告しにくい事項や事情である場合、または、相談・報告をしたことにより「何か自分が不利になるのでは」という懸念を感じる場合に、上司や同僚に代わって通報や相談を受け付ける窓口として「ヘルプライン」を設置しました。
当社グループの役職員に対するヘルプラインは、「社内ヘルプライン」のほか、外部の受付窓口として、第三者機関である㈱インテグレックス内に設置されており、受け付けた内容はスタジオアリスに連絡されます。しかし、法令上の義務を負う場合を除き、相談・通報者の了解なく氏名や所属が報告されることはありません。相談・通報者の希望するプライバシーを厳守します。
また、お取引先様で「担当者からの不当要求」、「契約違反」、「品質表示の疑念」など、思い当たることがあれば、当社の「社内ヘルプライン」へ直接ご連絡いただきますようお願いしております。
今後のリスクとなりうる事項については、早期に解決を図ることが大切です。
ヘルプライン制度とは、当社グループ内に存在する可能性のあるコンプライアンス上の問題を広く受付け、積極的に問題を解決し、自己自浄のできる制度です。